そもそも結婚指輪と婚約指輪の違いってなんだろう??

結婚指輪とはどんなもの?

結婚指輪は、別名をマリッジリングともいいます。お互いに結婚を決めた間柄の男女が送り合う指輪を指しています。結婚式の誓いの時に交換するのがこの結婚指輪です。結婚後もつけ続けることもあり、宝石などがあまり入っていないシンプルなデザインのものが多く、素材は金やプラチナのものが多いです。男女ペアで選ぶのが一般的で、平均的な金額は10万円程度のようです。結婚を誓い合い、心臓から繋がっていることを意味している左手の薬指につけます。指輪をつけていることで、結婚をしているということをアピールする証にもなっています。お互いずっと身につけていく一生物の指輪になるので、妥協せず納得のいくお気に入りを見つけたいですね。

婚約指輪とはどんなもの?

婚約指輪とは、エンゲージリングのことです。こちらの呼び方のほうがよく耳にしているかもしれません。婚約指輪は、結婚を決めたら男性から女性に贈るものです。テレビなどでプロポーズをしている場面がよく流れますが、その際に男性が差し出しているのが婚約指輪ですね。日本では以前から、結納品の一つとして女性側に贈られていたようです。婚約指輪の平均金額は30万~40万くらいなので、結婚指輪に比べるとかなり高額のものを選ぶ男性が多いです。真ん中にダイヤモンドが埋め込まれているデザインが多く、それにはダイヤモンドが地球上で最も硬いと言われているため、硬く、永く愛が続く、という意味が込められているいるという説があります。必ずしもダイヤモンドでなければならないというわけでもなく、中には婚約指輪は贈らないという人もいるようです。

プロポーズするのに最も必要なのは、一緒に過ごした年月や、貯めた貯金額ではありません。「結婚してください!」と勇気を持って言わなければ、何も始まりません。