やっぱりもらって嬉しい?婚約指輪事情

結婚が決まったら形にしてほしい

プロポーズされてOKをした、またはプロポーズを受けてくれた、そして結婚するということが決まったらやっぱり女性としては婚約指輪欲しいですよね。婚約指輪の使い道としてはただ保管するだけのように思えて口ではいらないよ。という女性も多いかもしれませんが、本心は違うのです。いらないっていったのにサプライズでもらえたりしたらいいなーと夢みています。何のため?と聞かれてしまうと答えに困りますが、一番は形にしてほしいということです。結婚することが決まってもすぐに婚姻届をだすわけでもなく結婚式もたくさんの時間を使い準備してからです。その間いくら婚約を約束されていても所詮口約束です。裏切られるとは思っていないにしろ婚約指輪があれば安心することができるのとともに、婚約指輪を見るたびに幸せな気持ちになることは間違いないです。

一緒に選びにいきたい?

なかには婚約指輪どんなのがいいんだろうと一人では決められない男性もいるでしょう。そして女性のなかにも自分で好きなのを選びたいと思っている方もいるでしょう。でもできれば婚約指輪は男性は彼女に似合いそうなものを自分で選んでほしいです。そして女性の方も婚約指輪だけは彼が悩んで考えて選んだものを喜んで受け取ってほしいです。
どうしてもというときは、一緒に選びに行ってもいいと思いますが、サプライズ感はなくなってしまいますね。そういうときのアイデアとしては指輪を買うお店をきめたうえでお店の方と話し合いのもと空の指輪の箱を使いプレゼントして一緒に選びにいこう!と伝える。または結婚することが決まったあとのデートでなにも言わずにジュエリーショップに向かい指輪を買いにいくという方法もありですね。

婚約指輪をダイヤのリングにする理由。それはダイヤが、キズついたり割れたりしにくい硬いもので、永く輝き続ける石だからです。「いつまでも愛し続けます」という堅い意志にかけられています。