今も昔もプロポーズには婚約指輪が欲しい!!

いざ結婚!その前にはやっぱり婚約指輪

2人の間で結婚の話が持ち上がってくると、決めることがたくさん出てきます。
新婚旅行や結婚式はもちろん、二人での生活を始めるにあたって、細かいところでは家事の分担なども決めなくてはいけませんよね。
しかし、何よりも先駆けて決めるのが婚約指輪の有無ではないでしょうか。
「結婚後の生活を考えると貯金もしたい」と思うかもしれませんが、婚約指輪を渡すことには大きな意味があります。

女性の視点から考えると、婚約指輪をもらうことは一生に一度かもしれません。かけがえのない思い出になるでしょうし、その思い出を糧に、不安があっても、新生活を始められるのではないでしょうか。
また、男性の視点から考えても、決して安くない婚約指輪を渡すことは、今後目の前の女性を支えて生きていくという決意を新たにする機会です。

婚約指輪で二人の気持ちを通じ合わせることができたら、結婚生活も気持ちを一つにして乗り越えていけるのではないでしょうか。

結婚指輪と婚約指輪の違いとは

婚約指輪は大切なもの。けれど結婚指輪で一つでいいのではないか、と考える方もいるかもしれません。
しかし、結婚指輪と婚約指輪は大きく異なるものです。
それぞれの特徴について解説します。

婚約指輪は、婚約の際に男性から女性に贈る指輪です。婚約の贈り物という意味を込め、高価な石を使用したものを選ぶのが一般的です。一番多いのはやはりダイヤモンドでしょう。日常生活であまり身に付けるものではなく、華やかな指輪を送ることが一般的です。

一方結婚指輪は、結婚後に薬指にはめて生活することを想定しているので、極めてシンプルなものが一般的です。

つまり、婚約指輪は、男性から女性に送る一番華やかな贈り物、といっても過言ではないのです。
婚約指輪は日常生活でつけることはないけれど、だからこそ、戸棚にそっと入れておく宝物となるのです。
それがきっと女性の心の支えにもなるでしょう。

婚約指輪を横浜で探すと、おしゃれなデザインが見つかります。横浜は昭和の時代から、他とは違ったファッションが沢山ある場所だからです。